ヒアリの特徴と刺されたときの対処法!一度だけじゃなく何度でも刺す?

2017年5月、ヒアリは、兵庫県神戸市の神戸港で、中国の広東省広州市から貨物船で運ばれたコンテナの中から日本で初めて発見されています。

以来、名古屋港、大阪南港、東京と立て続けにヒアリが確認されています。

ヒアリは、殺人アリとも言われている毒性の強いアリです。

ヒアリの特徴と刺されたときの対処法について調べてみました。

ヒアリの特徴は?

ヒアリは、別名 アカヒアリと言われ、南米大陸原産のハチ目、アリ科、フタフシアリ亜科に属するアリの一種です。

英名は、red imported fire ant

ヒアリは、体長2.5mm~6.0mmのいろいろな大きさの働きアリがいて
土で蟻塚を作って住むことが特徴です。

体の色は、全体的に赤茶色をしています。

出典:環境省自然環境局

腹柄が2節になっているヒアリは
腹部は濃い赤色で黒っぽく見えます。

毒性は、強く世界の侵略的外来種ワースト100に入っていて、
特定外来生物にも指定されています。

殺人アリとも呼ばれていて、恐れられています。

ヒアリは何を餌としているの?

ヒアリは、花蜜、樹液、種子から昆虫、小型脊椎動物のトカゲなどを餌としています。
いわゆる、雑食です。

ヒアリは、餌を集めるのに夜間に行動するということは無く、
温かい昼間に行っています。

ヒアリが刺すときにはこうやって刺す!何度でも!

2017年6月のNHKテレビ放送を見ていたとき、
ヒアリは人の皮膚を何度でも刺してくると言っていました。

ヒアリが人の皮膚を刺すときですが、こうやって刺す。

ヒアリはまず、口で人の皮膚を噛んだ上で
自分の体を固定してお腹の先端にある針で刺すと言っていました。

しかも、何度でも刺してくるのだそうです。

ヒアリに刺されると、アルカロイド系の毒により、非常に激しい痛みがはしります。
30分後には、蕁麻疹ができて、腫れます。(NHK放送より)

ヒアリに刺されたときの対処法!

ヒアリに刺された瞬間は、火傷のようなひどい痛みがはしります。

ヒアリに刺された後の症状は、人によって違うということです。

軽度の場合

刺された直後の20~30分程度は、安静にして
症状が軽く悪化することがなければ、ゆっくりと病院を
受診しても大丈夫。

容体が悪化した場合

ヒアリに刺されて、動悸が早くなり、
冷や汗が出て息苦しさを覚えるといった重症化した場合には
一番近い病院で診てもらう。

救急車を呼んでもらったほうがいいでしょう。

医師には、「アリに刺されたこと」「アナフィラキシーの可能性があること」を伝えてすぐに治療してもらいましょう。

おわりに

毒性の強いヒアリには、刺されないことが一番かもしれませんが

いつ、どこからともなく来て、ヒアリに刺されないという保証はありませんね。

そんなとき、ヒアリに刺されたときの対処法を思い出してください。

日頃から、殺虫剤を購入して準備されることや、肌を露出しないことも予防策になるかと思います。

最後まで、お読み頂きありがとうございます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!