城彰二の奥さんは誰で実家はどこ?腹ってどういうこと?娘のことも

城彰二さんは、もとプロサッカー選手ですね。

城彰二さんのプロフィールをはじめ、奥さんは誰で実家はどこかについてご紹介します。
また、城彰二さんを調べていくと「腹」というキーワードがでてきます。

城彰二さんの腹ってどういうことを意味しているのでしょうか?
城彰二さんの娘さんのこともご紹介していきます。

スポンサーリンク

城彰二のプロフィールは?

天才ルーキー城彰二 素顔の青春 [単行本]【メール便送料無料】の詳細はこちら楽天

城彰二(じょう しょうじ)さんは1975年生まれ、北海道室蘭市出身の元プロサッカー選手です。
サッカーでのポジションはフォワードで、1998年にはフランスで行われたワールドカップで日本代表を勤めました。

城彰二さんは幼稚園から小学4年生までは野球をやっていたようですね。
しかし、自身の背が高かった事などからサッカーへの転身を進められ、
そのままサッカーへの道に進みます。

中学3年生の頃にご両親の実家のある鹿児島県に引っ越した城彰二さんは、鹿児島県の中学校を卒業します。
中学校のサッカー部はお世辞にも強いとはいえなかったようで、なんとスパイクを持っていたのは部員13人のうち、たった2人!( ゚Д゚)

最初は中学校でサッカーを辞めようと考えていた城彰二さんですが、城彰二さんのように同じくサッカーが上手な部員がおり、2人で切磋琢磨し、サッカー部を強く成長させたとの事。

城彰二さんの頑張りもあり、中学最後の試合では九州大会まで進んだようです!

中学卒業後は、サッカーの強豪校、鹿児島実業高等学校へ入学します。
鹿児島実業高等学校のサッカー部は城彰二さんの他に前園真聖さん、遠藤彰弘さん、
遠藤保仁さんなど、多くのプロサッカー選手を輩出しています。

高校3年生の頃に、第72回 高校サッカー選手権大会でベスト4に入るなど、輝かしい成績を納めた城彰二さんは高校卒業後はJリーグ、ジェフユナイテッド市原に入団
デビュー戦で初ゴールを挙げ、4試合連続で得点を決めるなど、大注目の新人として話題となりました。

ジェフユナイテッド市原を代表する実力と人気を兼ね備えた城彰二さんは、
海外を視野に入れ、将来日本代表としても闘えるように、1997年に横浜F・マリノスに移籍します。

その後、1997年に行われたフランスW杯のアジア最終予選では日本としては初のW杯出場に大きく貢献します。
この出場をかけた戦いは「ジョホールバルの歓喜」と呼ばれ、今でも語り継がれています。

惜しくもフランスW杯では得点を決めることは出来ませんでしたが、悔しさを張らすようにその後はJリーグで得点を重ね、2000年、ついに欧州リーグへ挑戦する事になります。

サッカーの本拠地、世界の中でも強いチームが連なる欧州に行く事は、
サッカー選手にとっては憧れであると同時に、プレッシャーを感じることでしょうね…。

城彰二さんはスペインの強豪チーム、レアル・バリャドリードに入団し、見事に実力を世界に見せつけます。
スペインでの成績も良く、高い評価を受けますが、実はこの頃にはすでに、足に怪我をおっていたんです。
高校時代に膝の前十字靭帯を切っており、その事が公になってしまいレアル・バリャドリードを退団することになります。

その後、Jリーグに復帰しますが怪我や体調不良で思うように得点が伸びない時期が続きます。
そしてついに横浜F・マリノスから戦力外通知を受けてしまいます・・・。

しかし2003年にJ2の横浜FCに加入し、財政難などで成績低迷に苦しんでいた横浜FCを
2006年にはJ1に昇格させるなど、意地の活躍を見せます!
しかし靭帯の怪我が限界になり、2006年を最後に引退をすることを発表しました。

最後まで城彰二さんはサッカーを愛し、自分自信を最後まで諦めない、そんな方なんですね(^^♪

引退後はテレビなどで試合の解説を務めたり、サッカーの広報活動を務めたりなど
忙しい毎日を送っているようですね。
また2017年には北海道サッカーリーグの十勝FCのスーパーバイザーに任命され、
選手の補強やチームの競技力が向上するために活動しているようですね!

城彰二の奥さんは誰で実家はどこ?

城彰二さんは2001年に当時キャビンアテンダントをしていた女性と結婚しています。
交際半年も経っていないスピード婚だったようですね!

ちなみに奥さんの情報については詳しい事は分かりませんでした。
キャビンアテンダントとはいえ一般人なので、仕方ないのかもしれません・・・。
ただ分かっている事は、奥様と城彰二さんの故郷が同じだという事。

キャビンアテンダントは美人が多い印象なので、きっと城彰二さんの奥様も綺麗な方なんでしょうね。

ちなみに城彰二さんのご実家は建築会社を経営しているとの事。
また、旅館を経営しているという情報もありました。
城彰二さんは「中学時代は毎朝ランニングをしていて、自宅近くの龍門滝温泉から空港までの道は思い出」と仰っています。

龍門滝温泉は鹿児島県姶良市にある温泉なので、この近くで旅館か建築会社を経営していたと思われます。

また父親のしつけも厳しく、ぶん殴られた事もあると語っていました(;’∀’)

スポンサーリンク

城彰二の腹ってどういうこと?娘のことも気になる

城彰二さんについて調べていくと「腹」というワードが出てきます。
これは「スレンダートーン」という商品のCMを務めたことから出てきたワードです。

実は城彰二さん、現役を退いたことで、かなり太ってしまったようですね・・・。
ウエストはなんと102センチ!完全なるメタボ体型になっていたんですね。
ただ、スレンダートーンを使用し、1か月でウエストをなんと14センチも引き締めることに成功していました!
現役時代の頃の体型にかなり戻っていましたね(*´ω`)

このメタボ体型からの変わりっぷりがあまりにも凄かったので、一時は話題になっていました!

さてそんな引き締まった体を再び手に入れた城彰二さんですが、
お子さんについても調べてみました。

城彰二さんと奥様の間には2004年に第一子となる長女が誕生していますね。
名前は夢叶(ゆめか)ちゃん。実際に夢をかなえてプロサッカー選手になった城彰二さんらしいお名前ですよね。
ちなみに夢叶ちゃんは、城彰二さんの引退試合に参加しています。

その後、噂によると男の子と女の子が生まれているようですね。
なので、3人の子供のパパという事になります!

終わりに

今回はもとプロサッカー選手の城彰二さんについてご紹介しました。
これからも若い選手の指導者として、日本のサッカー界を盛り上げてほしいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!