森崎ウィンはミャンマーとのハーフ?本名と英語力は?出演ドラマや映画は?

森崎ウィンさんは、お名前からしてハーフの方かなと思ってしまいますね。
実際のところ、森崎ウィンさんはご両親のどちらかがミャンマーの方でハーフなのでしょうか?

また、森崎ウィンさんの本名や英語力はどんなものなのでしょうか?
森崎ウィンさんは、若手の人気俳優さんということですが、出演ドラマや映画などについても
焦点を当てていきたいと思います。

スポンサーリンク

森崎ウィンのプロフィール

森崎ウィン(もりさき うぃん)さんは、1990年生まれの俳優、歌手です。
所属事務所はスターダストプロモーション。身長は174センチ、血液型はO型です。

ミャンマーで生まれ育った森崎ウィンさんは、ミャンマー語、英語、日本語が話せるそうです!
また森崎ウィンさんは、PrizmaXという音楽ユニットのメンバーでもあります。
PrizmaXには、森崎ウィンさんの他に、福本有希さん、清水大樹さん、島田翼さんが所属していますね。

小学生4年生の頃に日本を訪れ、中学生の頃にスカウトされ芸能界デビュー

その後はスターダストプロモーションでかつて活動していた「DAKARA☆S!!」という
俳優ユニットに参加します(2008年に活動休止)
DAKARA☆S!!には、あの人気若手俳優、窪田正孝さんも参加していました。

DAKARA☆S!!の活動を終えた後はPrizmaXでCDデビュー

Gradually(初回限定盤) CD+DVDの詳細はこちらAmazon

次から次へとグループに参加させてもらえていますし、事務所からのプッシュが強かったのでしょうか?
また森崎ウィンさんは趣味がギターとピアノと、音楽がお好きなご様子!
PrizmaXのセカンドシングルでは、森崎ウィンさんが作曲を担当しています。

PrizmaXの活動と並行し、俳優業としても活動の場を広げた森崎ウィンさんは映画で主演を務めたり、2015年にはラジオのパーソナリティーに就任します。

そして2016年にはなんと!スティーブン・スピルバーグ監督の映画にも出演し、ハリウッドデビューも果たすなど、今大注目の若手俳優さんなんです(≧▽≦)

2018年6月には、森崎ウィンさんは初の書籍(単行本)を発売されています。

Win-Win 森崎ウィン1st visual & intervi [ 森崎ウィン ]の詳細はこちら楽天

森崎ウィンはハーフ?本名と英語力について

さて、ぱっと見ハーフっぽいお顔立ちの森崎ウィンさんなのですが、ハーフなのでしょうか?
また、トリリンガルの森崎ウィンさんの英語力はどの程度のものなのでしょうか?

森崎ウィンさんのご両親について調べたところ、ご両親はどちらもミャンマー国籍だという事が分かりました!
なので、ハーフではなく「100%の純ミャンマー人」という事になりますね。
またミャンマーには苗字という概念がありませんので、森崎という苗字は、芸名という事になります。

なので、森崎ウィンさんの本名は「ウィン」。これまたえらいシンプルですが、覚えやすくていいですね(*‘∀‘)

森崎ウィンさんは日本語ミャンマー語の他に英語も話せるとおっしゃっていますが、英語力については高い評価を得ており、「ネイティブレベル」との事!すごいですね~。
元々ミャンマーという国は、アジアの中でも英語力がすごく高い国なんです。

大企業の人間でなくても普通にペラペラと英語を話せる方が、ミャンマーには多いようですね。
その事から、森崎ウィンさんの英語力もかなり高いのでは?と思います。
実際、2016年にハリウッドデビューした際にも、その英語力を高く評価されていました!

まとめると、日本語がペラペラの森崎ウィンさんですが、ハーフではなくミャンマー人
現在は日本国籍を所得していて英語もネイティブレベル!という事になりますね。

それに加えてイケメン、音楽が出来るなんて・・・か、完璧じゃないですか!Σ(・ω・ノ)ノ!

スポンサーリンク

森崎ウィンの出演ドラマや映画は?

森崎ウィンさんは2008年にドラマ「学校じゃ教えられない!」で俳優デビューを果たしています。
その後は映画「ごくせん THE MOVE」や「闇金ウシジマくん」「名もなき毒」「ペテロの葬列」など数々の映画やドラマに出演していますね。

2014年には尾崎豊さん追悼映画「シェリー」で主演も務めています!

シェリー [ 森崎ウィン ]の詳細はこちら楽天

シェリーでは1992年が舞台で、若者が人生についての悩みにぶつかるという青春映画。
キラキラした演技で、好演だったと評価も上々の様でした。

森崎ウィンさんが出演してきた映画、ドラマは数多くあるのですが、その中でもやはり目を引くのが、2016年に公開されたスティーブン・スピルバーグ監督の「レディ・プレイヤー1」という映画に出演した事でしょうか。
主人公の親友という、大事な役を見事に演じ切りました!

スティーブン・スピルバーグ監督に「日本一の演技力」と評価されます。
この映画がきっかけで森崎ウィンさんの知名度はグングン上がっていったのではないでしょうか?

演技力を買われた森崎ウィンさんは、日本・ミャンマーの合同の映画「My Country My Home」にも参加。
この映画では日本で活躍するポップスターのミャンマー人役という、どこか森崎ウィンさんご自身に被るような役を演じています。

森崎ウィンさんは、「ミャンマーと日本をつなぐ架け橋になる一歩を踏めて嬉しい」とおっしゃっています。
二つの祖国を持ち、ミャンマーと日本、同じぐらい大事にされているんだなぁと感じました(^^♪

終わりに

今回は森崎ウィンさんについてご紹介しました。
実はハーフではなく、ご両親がどちらもミャンマー人だった事には驚きました!

また、英語もミャンマー語も日本語も出来るトリリンガルで、演技力が非常に高い評価を得ている俳優さんだという事が分かりました。

最近ではバラエティー番組の出演も増えている森崎ウィンさんですが、演技力は確かなもの。
これからも演技の幅を広げ、様々な役柄をこなす事が出来るカメレオン俳優さんになってもらいたいですね~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!