風吹ジュンは何歳?本 ファッションを楽しみ輝く秘密のカギは?歌は売れた?

風吹ジュンさんは、レディースアートネイチャーのCMでテレビに出ていますね。
すごく可愛いくてはつらつとしたイメージの方ですが、年齢は何歳なのでしょうね。

また、本「風吹ジュンスタイル 年を重ねるごとに元気に輝く、秘密のカギ」を出されています。
ファッションを楽しみ輝く秘密のカギはどういったところにあるのでしょうか?
風吹ジュンさんは、歌も歌っていますが、どんな歌で・・・。売れたのでしょうか?

この記事では、風吹ジュンさんのプロフィールをはじめとして、
風吹ジュンさんに焦点を当てていきたいと思います。

スポンサーリンク

風吹ジュンのプロフィールは?

風吹ジュン(ふぶき じゅん)さんは、1952年生まれ、富山県出身の女優です。事務所はパパドゥに所属しています。
本名は川添 麗子(かわぞえ れいこ)さんとおっしゃいます。
今でも上品な美貌をお持ちの風吹ジュンさんですが、2018年で66歳になります!
年齢を感じさせませんね~。
いつまでも若々しく艶やかな女優さんです♪

[DVD邦]魂萌え [風吹ジュン/三田佳子]/中古DVD詳細はこちら楽天

上品な印象がある風吹ジュンさんですが、実はかなり波乱万丈な生い立ちだったのをご存知でしょうか?
まずは風吹ジュンさんの生い立ちから紹介していきます。

風吹ジュンさんの父親は高校教師をしていたようですが、小学5年生の頃に両親が離婚。
風吹ジュンさんは母親について行くことになります。

しかし、風吹ジュンさんが中学二年生になると母親が育児を放棄するようになります。
今でいうネグレクトですね…。
ネグレクトの理由が「養えない」というものだったようなので、風吹ジュンさんはとても辛い思いをした事でしょう。

母親から育児放棄され、風吹ジュンさんは京都に住んでいた兄の元へ向かいます。
しかしそこで待っていたのは極貧生活。稼ぎ頭の親がいない生活なので、風吹ジュンさん自身も学生の身ながら内職などをしてお金を稼ぐ毎日だったとか。
レストランでアルバイトをした経験もあるようですね。
高校受験の前は学校の先生の家に居候をした事も!
今の世の中じゃ考えられないですね(; ・`ω・´)

こんな生活を送っていれば、グレてしまうのも無理はないと思いますが、風吹ジュンさんは前向きに考えて、兄と一緒に頑張って生きていたんですね。
ちなみに、風吹ジュンさんはこの頃について「楽しかった」と仰っています。
屋根裏部屋を貰い、壁を黄色に塗った思い出などを語っていました。

その後、京都市立日吉ヶ丘高等学校の美術科への受験を考えていましたが、母親の再婚を知り受験を放棄。
受験は一次試験は通っており、後は二次試験だけ!という段階だったようですね。
…子供としては、親の再婚というのは複雑な気持ちになってしまうと思います。
お母さんも、もう少し風吹ジュンさんの気持ちを考えてほしいと思ってしまいますが…。

そして高校進学しなかった風吹ジュンさんは、18歳の頃に上京します。東京 銀座の高級クラブで働きだします。
その後、1971年にクラブ在籍中ながらスカウトされ、芸能界へ入ることになったんですね。
1973年には初代ユニチカマスコットガールに選ばれました。

今は貫禄のある女優として活躍している風吹ジュンさん。
女優デビューは1975年で、1997年に公開された映画「蘇える金狼」では、
ヌードでのラブシーン披露し話題になりました。
そして1991年には竹中直人さんが監督を務めた「無能の人」で、
日本アカデミー賞 優秀助演女優賞を受賞
日本を代表する女優となります。

その後もNHKの連続テレビ小説
「ひまわり」(1996年放送)や、TBSで2004年に放送された「オレンジデイズ」
テレビ朝日で1996 年から2004年まで放送された「はみだし刑事情熱系」にも出演されていました。

最近の出演された作品は、2018年にフジテレビで放送された「モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐」2017年に日本テレビで放送された「母になる」など。

また2015年から2016年まで放送された連続テレビ小説「あさがきた」では、
波瑠さんが演じた主人公の姑役を演じました。

ちなみにプライベートでは1981年に音楽プロデューサーの川添象郎さんとご結婚されますが、1992年に離婚されています。
お子さんは1男1女を儲けており、離婚後もお子さん達との仲は良好のようです。

本 「風吹ジュンスタイル~秘密のカギ」ってどう?

風吹ジュンさんは女優業の傍ら、2012年に本を出しています。
題名は「風吹ジュンスタイル 年を重ねるごとに元気に輝く、秘密のカギ」

ライフスタイルをご自身が撮った沢山の写真と共に紹介しています。
ファッションを楽しみ輝く秘密のカギはどういうところにあるのでしょうか?

風吹ジュンさんが愛する中国茶の話や、愛犬、アンチエイジング方など、
風吹ジュンさんと同世代の方以外も楽しめる内容となっています。

「こんな風に素敵に年を重ねたいと思った」「いきいきとした生活を見ることが出来る」
という口コミが多かったです。

風吹ジュンさんがいつまでも楽しみ輝く秘密は、日々の生活の中に楽しみを見つけ出すという事がカギなのかもしれません
「人生は捨てたものではない」という思いで、毎日を過ごしていらっしゃるんでしょうね。
これは年代関係なく、見習いたいです!

スポンサーリンク

風吹ジュンの出した歌はどう?売れた?

風吹ジュンさんはデビューして間もない1974年にレコードデビュー。
「愛がはじまる時」という歌を出しています。
舌足らずの特徴的な歌い方しており、ものまねのネタとして使われた事も。

正直、歌唱力としてはあまり高くなかったようですが(^-^;
その可愛らしい仕草、表情でデビュー曲は、オリコン最高21位、約11万枚を売り上げました。

デビュー曲はヒットしたようですが、セカンドシングルの「涙に微笑みを」を発売直後に風吹ジュンさんのスキャンダルが発覚し、残念ながらあまりヒットしなかったようでした。
その後も「ふたりの舗道」「23才」という曲を出していますが、
デビュー曲の売り上げを越えることはできなかったようですね。

ちなみにスキャンダルというのはプロフィール詐称や男性遍歴の暴露など、また拉致監禁。

清純派として売っていた風吹ジュンさんにとっては痛いスキャンダルとなりましたが、
風吹ジュンさんはこれらのスキャンダルを全て受け止めます。
中傷されながらも、告白手記を出します。自らの過去を全て肯定し、
「これが私の全部です」と堂々と宣言します。

スキャンダルが影響し、一時期は人気が落ちてしまった風吹ジュンさんでしたが、
自らの演技で、再び人気を獲得します!ドラマや映画で批判してきた人を見返したんですね。

終わりに

今回は女優の風吹ジュンさんについてご紹介しました。
とても強く、たくましい方だという事が分かりました。
スキャンダルを誤魔化さず、全て暴露するというのはとても勇気が必要だったと思います。

これからも、同世代が憧れる女性として頑張ってほしいですね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!