キムラ緑子の身長と出身大学はどこ?最近のドラマや舞台は?旦那や子供のことも

キムラ緑子さんというお名前だけを拝見すると、ハーフなの?
なんて思ってしまいそうですが、キムラ緑子さんは、日本の女優さんです。

キムラ緑子さんの緑だけで終わらず、緑の後に子をつけるお名前もなんとなく粋なお名前ですよね。

キムラ緑子さんの身長と出身大学はどこなのか調べてみました。
また、キムラ緑子さんの最近のドラマや舞台など、さらにキムラ緑子さんの旦那さんや子供さんのことについてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

キムラ緑子のプロフィール

キムラ緑子(キムラ みどりこ)さんは、1961年生まれ、兵庫県洲本市出身の女優です。
本名は、牧野緑子さんといいます。芸名は、旧姓の木村をカタカナにしたものですね。
身長は162センチです。

キムラ緑子さんの代表作といえば、映画「パッチギ!」「嫌われ松子の一生」
テレビドラマ「僕のヤバイ妻」などが挙げられます。

キムラ緑子さんは、兵庫県の洲本市立青雲中学校を卒業後、兵庫県立洲本高等学校に入学。
その後は同志社女子大学の学芸学部英文学科に入学

同志社大学の演劇サークルに入り、演技の世界に入ります。

大学を卒業後は、一旦は地元に帰ったキムラ緑子さんですが、1984年に上京し、「M.O.P」という劇団に入団。
2010年に解散するまで、ずっと看板女優として活躍していました。
印象の違う役を見事に演じ分けるその演技力の高さから、カメレオン女優と評価されています!
舞台で培ったその経験を存分に発揮しているのだと思われます(≧▽≦)

キムラ緑子さんは、演技を始めてからはしばらく舞台を中心に活動していましたが、テレビ朝日で1994年に放送された「名奉行 遠山の金さん」でドラマデビュー
その後、1995年の「いつかまた逢える」や2000年の「池袋ウエストゲートパーク」に出演し世間に多く知られるようになっていきます。

毒を持つ役から、主人公の母親役まで、色んな作品に出演していることから、「この役ってキムラ緑子さんだったの?!」と驚くこともありますね~!

そんなキムラ緑子さんですが、悩みがあるようで、それはずばり「名前を覚えてもらえない」こと。
キャラの強い役柄を演じることが多いキムラ緑子さんは、役になり切ってしまうため
「役柄」としての印象が強く、なかなか演じているご本人の名前を覚えてもらえないようですね(;’∀’)

しかし、それほど演技が上手いという事なので、女優さんにとってはむしろ嬉しい事なのかもしれません。

キムラ緑子の最近のドラマや舞台について

キムラ緑子さんは数々のドラマや映画に出演されていますよね。

NHKの連続テレビ小説にも多く出演されており、2002年には「まんてん」で黒田和枝役、2006年に「純情きらり」で西野シヅ子役、2013年に「ごちそうさん」で山下和枝役、そして最近では2018年の「半分、青い。」で藤村光江役を演じています。
連続テレビ小説には必要不可欠な女優さんなんでしょうね♪

さてお次は、キムラ緑子さんが最近出演された映画やドラマ、舞台についてもご紹介していきますね。

映画では、2016年に「そくのおじさん」で智子おばさん役、2018年には「祈りの幕が下りる時」で浅居厚子役、同じく2018年には「銀魂2 掟は破るためにこそある」でお登勢役を演じています。

中でも「銀魂2」のお登勢役は、スナックのママで、また小栗旬さんが演じる主人公・坂田銀時が営む万事屋の大家という役柄で「家賃払え!」と書かれたプラカードを掲げ、主人公を追いかけまわすというなかなか強烈屋なキャラクターのようですね((´∀`))

ドラマでは2017年に「奪い愛、冬」「陸王」、2012年には「ドクターX~外科医・大門未知子~」など有名な人気作に出演されているようでした♪

2017年の陸王では、物語のキーを握る人物の妻役で、視聴者からも「演技が上手い!」と話題になっていました。
また「奪い愛、冬」では主人公の母親役で、繁盛していない定食屋を営みつつ、娘と娘の婚約者の仲を応援する、優しい母親役でしたね~。

また、舞台での活動も活発で、2017年にミュージカル「にんじん」2018年には松竹「喜劇 有頂天一座」などに参加。

2019年にも松竹「三婆」に出演することが決まっています。

「三婆」では大竹しのぶさん、渡辺えりさんなど、こちらも舞台で活躍している大御所のお二人との共演となっています。

ホームグラウンドである舞台で、いきいきと演技しているキムラ緑子さんを拝見することが出来るでしょうね!

スポンサーリンク

キムラ緑子の旦那さんは誰で子供はいる?

舞台にドラマに映画にと忙しいキムラ緑子さん。プライベートについても調べてみました。
旦那さんやお子さんはいらっしゃるのでしょうか?

キムラ緑子さんは、1992年に劇作家のマキノノゾミさんとご結婚されています。
なんとこのマキノノゾミさんはキムラ緑子さんが上京後入団した劇団、「M.O.P」の主宰者。
劇作家と舞台女優という、お似合いなご夫婦でしたが・・・2005年に離婚
ちなみに離婚は円満離婚だったようですね。離婚原因は、「旦那の力であいつ(キムラ緑子さん)にいい仕事が入ってくる」という陰口を言われていたことが原因だったようです。

自分の力でやってやる!という気持ちがあったんでしょうね。

お二人の仲が悪くなり離婚したわけではないので、お互いに何度も会ったり、自宅を行き来していた事もあったようです。
そんなお二人は2010年に再婚しています♪ 再婚の理由はキムラ緑子さんの猫がマキノノゾミさんに懐いてしまったから、だそうです(〃艸〃)

猫が懐くぐらいですから、お二人はかなり頻繁に会っていたんでしょうね~。

さて気になるお子さんですが、キムラ緑子さんとマキノノゾミさん夫婦の間に、お子さんはいないようでした。
夫婦お二人で仲良く暮らしていらっしゃるのだと思います(*’▽’)

終わりに

今回はキムラ緑子さんについてご紹介しました。
キムラ緑子さんが出演されると、作品がビシッと締まるような、そんな印象があります。
また、年齢を感じさせない美肌や、そのスタイルの良さもさすが舞台女優!という感じがしますね。

今後も、色んな役柄を演じていくであろうキムラ緑子さんを応援したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!