芝桜と一緒に植えるのは何が良い?【体験談】この花を選んだ理由は?

芝桜は、4~5月頃に一面に咲いて、花のじゅうたんを敷き詰めたみたいにキレイですよね。

ところが、芝桜の花の時期をすぎると花が何もなくて、芝だけの期間が長いんですよ。

せっかく芝桜の花壇を作ったけど、芝ばかりなのも面白くない。

そこで、芝桜と一緒に植える花は、何がいいかなあ?と考えました。

この記事では、芝桜と一緒に植えるのは、何がいい?
結局は、何の花を植えたのか?

芝桜とこの花を一緒に植えたのはちゃんとした理由があったのです。
その理由とは何?

などについて、実体験しましたので、ご紹介していきます。

芝桜の花壇に一緒になにか花を植えたいと思っていらっしゃるのでしたら、
参考になさってくださいね^^

スポンサーリンク

芝桜の花壇に一緒に植えるのは何がいい?その理由は?

芝桜の花壇に一緒に植えるのは、マツバボタンにしました。

芝桜とマツバボタンを一緒に植えようと思った第一の理由として、

マツバボタンは、花の咲いている時期がすごく長いからです。

(実際に芝桜の花壇でマツバボタンを植えたのは南九州地方です。)

マツバボタンですが、花が咲いている期間がどれくらい長いかというと
半年以上ですね。

南九州地方ですが、実際にマツバボタンを挿し芽したのは、6月頃でした。

挿し芽でしたので、花はすぐに咲き始めて、マツバボタンの花は、11月頃まで
咲いていましたね。

芝桜と一緒にマツバボタンを植える理由その2

マツバボタンは、芝桜と同じような性質があることに気がついたからです。

次のようなことがマツバボタンを芝桜と一緒に植えた理由です。

  • 芝桜もマツバボタンも高温で乾燥した気候に合う
  • いつも土が湿っていると根のはりが悪くなり、根腐れの原因になる
  • 水やりがほとんど必要ない
  • 肥料は、ほとんどやらなくてもよい
  • 病気がほとんどない

特に、日当たりが良くて、水はけの良い場所であることが
芝桜もマツバボタンにも共通して大切です。

以上のような理由で芝桜の花壇にマツバボタンを実際に植えてみました。

スポンサーリンク

芝桜を植える前の花壇からマツバボタンを植えるまで

実際に芝桜を植えたのは、2018年で、マツバボタンを植えようと思って
実体験したのは、2019年のことです。

芝桜を植える時期は、春と秋に植えてもいいですね。

芝桜を植える工程

  1. まずは、花壇に芝桜を植える前にレンガを敷いた
  2. レンガは、自分の思うような形に置いていく
  3. 自分の場合、ハート型にレンガを置いていった
  4. レンガは、芝桜の色分けをする予定
  5. 芝桜の苗を植えていく

以上が芝桜の苗を植えるまでの工程です。

マツバボタンを植える工程

  1. マツバボタンの枝を15センチの長さにカッターで切る
  2. 半分くらいから下の方の葉を取り除く
  3. 容器に水を入れて、その中に準備した枝の切り口を30分くらいつける
  4. 芝桜の花壇に置いたレンガの穴に花の土を詰めていく
  5. レンガの穴の土にジョウロで水をかけておく
  6. レンガの土に割り箸で穴を開けながら、準備したマツバボタンの枝を挿す
  7. マツバボタンの枝を挿したあとは、枝が抜けないように指で丁寧に土を固める
  8. 次の日の夕方に、もう一度ジョウロで水やりをする

注意:マツバボタンの挿し芽をするときには、日中のカンカン照りのときよりも
夕方の涼しいときのほうがいいです。

マツバボタンの苗をすでに、鉢植えされている場合には、

それを挿し芽する方法がありますが、

その他には、4月頃にマツバボタンの種から育てるかの2通りがあります。

おわりに

「芝桜と一緒に植えるのは何が良い?【体験談】この花を選んだ理由は?」について

ご紹介しました。

芝桜と一緒に植えるのは、マツバボタンが花の時期が長くて、おすすめですよ。

芝桜もマツバボタンもあまり手がかからなくて、水はけなどに気をつければ

割と簡単に咲かせることができます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!